不要な雑誌・専門書は買取店でお得に処分!

部屋に溜まっていく雑誌や専門書の数々・・・「漫画やゲームと同じ様に売ることができればいいのに」と考えたことはありませんか?
実は雑誌や専門書、参考書などの古本は買取が可能なお店を選ぶことで、思っている以上に高く売ることができるのです。
ここでは実際に雑誌・専門書・参考書などの古本を売ることができたお店と、買取に出すときに注意点をまとめています。

古本ジャンル別買取方法&おすすめの買取店は?

雑誌買取で損をしないための買取店の選び方

雑誌買取で損をしないための買取店の選び方

雑誌

いらなくなった雑誌は買取ってもらうことができますが、雑誌のジャンルによってどの買取店を使うのが良いかが変わります。売れる雑誌のジャンルや注意点を知って、損をしない買取店選びを行いましょう。

( Updated / Created )
専門書が高く売れる評判の良い買取店はどこ?

専門書が高く売れる評判の良い買取店はどこ?

専門書

各分野の詳しい知識が得られる専門書は、特に買取価格が高くなりやすいジャンルです。気持ち良く取引するために、価格・サービス・対応などの評判が高い買取店はどこなのか調査してみました。

( Updated / Created )
人気の参考書買取店を使ってお小遣いをゲット!

人気の参考書買取店を使ってお小遣いをゲット!

参考書

参考書は次の受験生や学修生が再度使用できる教科書ですので、過去のものでも需要があります。また、書き込みがあっても売れる本もあるので、処分をするなら参考書が高く売れる人気の買取店を利用してみてはいかがでしょうか。

( Updated / Created )

雑誌の買取について

売れるお店は少ない!?雑誌の買取はできるのか

雑誌の買取を行っているお店は実はそんなに多くありません。

街の古本の買取専門店でも、漫画や文庫本の買取はしていても、雑誌も一緒に売れるところは滅多にありません。

しかし、雑誌の買取ができるお店がないわけではないので、買取可能なお店を選べば雑誌を売ることは十分に可能です。

一般的な古本屋などで普段売ることができない雑誌は、ネット買取を利用することで簡単に買取をお願いすることができます。

買取店によって大きく異なる!雑誌の買取可否

雑誌にも様々なジャンルがありますが、買取店によって買取可能な本が大きく異なります。

どの店舗にも言えることですが、ジャンプやマガジンなどの週刊少年誌、nissenやdinosなどの通信販売カタログ、アダルト雑誌は残念ながら買取できないお店がほとんどです。

一方でジャニーズ関連の雑誌やファッション誌、アイドル、パソコン、カメラなどのような趣味関係の雑誌は買取が可能なお店が多いです。

こんな雑誌は買取できない!買取時の注意点

買取が可能なジャンルの雑誌でも本の状態によっては買取してもらえない場合があります。

例えば、水濡れや染みがひどいものや過度な日焼けやページ折れがひどいものなど、一般的に読むの支障があるものは基本的に売ることができません。

雑誌に切り抜きがあったり、破れがひどいものも買取できない可能性が高いです。

また、お店によっては雑誌に付録が付いているものは付録付きでないと売れない場合や、そもそも付録が付いてる雑誌は買取不可なんてお店もあります。

雑誌の買取が可能なオススメのお店は?

  1. Vaboo

    vaboo
    条件等
    雑誌買取条件 ISBNがついている本
    買取不可雑誌 漫画雑誌など
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール なし
    送料・手数料 5冊以上で無料
    査定期間目安 商品到着後2日以内
    キャンセル対応 5冊以上の申し込みで返送無料

    Vabooの買取を利用するメリット

    • 5点以上で送料・返送料が無料
    • 定価の30%以上の買取価格保証
    • 業界トップの査定スピード
    • 毎月1回更新されるバブリープライス商品なら定価の50%以上の買取価格も
  2. ブックサプライ

    ブックサプライ
    条件等
    雑誌買取条件 2段バーコード
    買取不可雑誌 週刊誌、隔週誌、月刊誌、コミック雑誌など
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール あり(10箱まで無料)
    送料・手数料 10点以上または査定額2,000円以上で送料無料
    査定期間目安 商品到着後最短4営業日
    キャンセル対応 2箱まで返送無料

    ブックサプライの買取を利用するメリット

    • 査定の点数制限なし
    • 事前に買取価格が調べられる
    • 専門書・参考書の買取にも優れている
    • キャンセル時は2箱まで返送無料
  3. もったいない本舗

    もったいない本舗
    条件等
    雑誌買取条件 2008年以降に発行された雑誌で厚みが2cm以内のもの
    買取不可雑誌 厚み2cm以上の雑誌(付録を重ねて2cm以上も不可)、コンビニ漫画雑誌、アダルト雑誌、通販販売雑誌など
    買取受付冊数 30冊以上から
    配送用ダンボール あり(無料)
    送料・手数料 無料
    査定期間目安 商品到着後2日以内
    キャンセル対応 返送料は自己負担

    もったいない本舗の買取を利用するメリット

    • 買取れる雑誌の種類が豊富
    • 18:00までの申し込みで無料段ボール即日発送
    • 査定結果の連絡がスピーディー
    • 値段がつかない雑誌も処分料不要で引き取りOK
  4. 駿河屋

    駿河屋
    条件等
    雑誌買取条件 ゲーム雑誌、官能雑誌、芸能雑誌、アニメ・声優系雑誌、写真集(グラビア)雑誌など
    買取不可雑誌 週刊誌、文芸雑誌、付録つき雑誌で付録がないもの
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール なし
    送料・手数料 買取金額3000円 or 30冊以上で送料無料、銀行振込手数料412円、現金書留手数料618円
    査定期間目安 商品到着後4~14日程度
    キャンセル対応 着払いにて返送

    駿河屋の買取を利用するメリット

    • 無料査定・買取価格検索ができる
    • 高価買取ラインナップが多い
    • 古い雑誌の買取が得意
    • 雑誌以外の買取ジャンルも豊富
  5. 買取王子

    買取王子
    条件等
    雑誌買取条件 5年以内の季刊・月刊誌
    買取不可雑誌 週刊誌、漫画雑誌など
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール 5箱まで無料
    送料・手数料 5冊以上で無料
    査定期間目安 商品到着後1~4日程度
    キャンセル対応 返送料無料

    買取王子の買取を利用するメリット

    • 月刊誌・季刊誌の買取に強い
    • 商品到着から入金まで最短2日
    • 1点からでも査定可能
    • Amazonギフト券や楽天Edy等の支払いは買取額アップ

知っておきたい雑誌の扱い

古い雑誌にも値段はつく

雑誌の買取をしている古本屋でも、「刊行されてから2年以上の雑誌は買取不可」のように、古い雑誌だと買い取ってくれない所は多いです。

そのため、発売からしばらく経っている雑誌は売れないと考えている人は少なくありませんが、利用店舗さえ選べば雑誌が古くても買取して貰えます。

また、極端に古い雑誌はかえって希少価値が高くなっており、レトロ雑誌やヴィンテージ雑誌として高額査定されることもありえます。

想像以上の値段がつく可能性があるので、古いことだけを理由に、雑誌を買取に出さずに処分してしまうのは勿体ないです。

自分では売れないと思える雑誌でも、試しに一度査定に出してみると良いでしょう。

高価買取される雑誌の傾向

査定の際にまず一番最初に見られるのが、商品の状態です。

汚れやシミのあるボロボロの雑誌より、綺麗な状態の雑誌の方が印象も良く、高額査定を受けやすいです。

読み終えた雑誌を現金化したい場合は、なるべく日頃から丁寧に扱うようにしましょう。

雑誌の状態も査定のうえで重要なポイントになりますが、特集されている内容や、現在刊行しているかによっても査定額は大きく変わります。

雑誌の中でも、既に廃刊している雑誌や、著名人や有名人が掲載されている雑誌は高値がつきやすいです。

特に、ファンが多い有名人の過去の特集記事が載っている雑誌などは需要があるため、買取価格は高騰しがちです。

また、雑誌の創刊号や、付録つきの雑誌なども入手しにくく、コレクターからの需要が高いので、高価買取の狙い目となっています。

雑誌の切り抜きも査定可能?

アイドル専門誌などを購入している方の中には、特定のアイドルが写っているぺージを切り抜いてコレクションにしている人もいるでしょう。

雑誌の切り抜きを扱っている買取店はかなり限られますが、必ずしも売れないわけではありません。

価格は1つの切り抜きに対して1~2円程になってしまいますが、取扱いをしている店舗も存在します。

特に、ジャニーズのように人気の高いアイドルの切り抜きなら、ジャニーズグッズ専門店などで売ることも可能です。

雑誌の切り抜きを売る場合は、雑誌の買取店を探すのではなく、切り抜きを扱っている店舗を探すようにしましょう。

雑誌の買取価格の相場

雑誌は種類によって中古市場での需要が異なるため、自分がどんな雑誌を売るかによっても買取価格は変化します。

状態の悪いマイナー誌などは、数十円~百円ほどの価格になることが多いですが、有名な雑誌を売った場合、数百~数千円になることも少なくありません。

ジャンルごとの詳しい買取価格の相場を知りたい方は、雑誌ジャンル別買取相場価格をチェックしてみてください。

どんな雑誌を売るにしても、高価買取を狙うなら、綺麗な状態を保ち、まとめ売りをするように心掛けましょう。

1点だけ買取に出した場合よりも、数冊まとめて買取に出した方が査定額もアップしやすい傾向があるので、小出しにせずに不要な雑誌はまとめて買取に出すのがおすすめです。

知っておきたい雑誌の扱い

ブックオフや古本屋でも売れる?

古本屋の中でも名前の知れているブックオフでは、様々なジャンルの本が並べられているため、一見雑誌も買取可能のように思えます。

しかし基本的に雑誌の買取を行っていないため、ブックオフで雑誌を売るのは難しいでしょう。

店舗ごとに取扱いが異なるため、雑誌を売れるか自分で問い合わせる必要がある他、3ヶ月が経過した雑誌は取扱い不可となることがほとんどです。

買取して貰えたとしても、数円~数十円の価格が付けば良い方で、多くの場合は無料引き取りになってしまいます。

自分で店頭に持ち運ぶ手間もかかるうえに、査定が終わるまで店内で待っている必要があるので、時間に余裕がある方でないと利用しにくいでしょう。

雑誌の宅配買取がおすすめな理由

現在は、古本屋に持ち込むよりも、自分の売りたい商品をダンボールに梱包し、集荷に出すだけで現金化できる宅配買取サービスへの支持が高まっています。

自宅から出ずに不要なものを売れるため、忙しい方や、近場に雑誌を取り扱っているお店がない方からも重宝されています。

雑誌は梱包した状態で集荷スタッフに渡すため、「自分の趣味を他人に知られるのが嫌だ」という人も安心して使えるのもポイントです。

また、ネットを窓口としている宅配買取店は、実店舗のように運営費や人件費がかからずコストを浮かせられるので、店頭買取よりも高価買取に繋がりやすいというメリットがあります。

雑誌を扱う店舗は見つけにくいうえ、高値で買取してくれる所は多くありませんが、宅配買取店を利用すれば、いらない雑誌を臨時収入に変えることも可能です。

宅配買取店の中には、送料・返送料が無料の所もあるので、宅配買取を使ったことがない人も一度商品を査定に出してみることをおすすめします。

ページの先頭へ