参考書・専門書で買取NGの物はある?書き込みは?

参考書・専門書の中でも買取できない商品はあるのでしょうか。
減額されやすい参考書の特徴や、書き込みのある商品の取り扱いについて紹介します。

参考書・専門書で買取できない物はある?

買取NGになる可能性がある商品

参考書・専門書に限ったことではありませんが、傷みや汚れ、損傷、使用感が酷い物は、書き込みなどが無くても買い取って貰えない場合が多いです。

また、付属冊子、付属CD・DVD、解答集といった、付属品が欠けている物は、買取拒否とまではいかなくても減額査定されてしまうこともあるので注意が必要です。

購入時に付属してきた物は、全て揃えた状態で査定に出すように心掛けましょう。

市販で売られている参考書・専門書はもちろん、予備校や塾のテキスト、プリント、大学で使用されるテキストなどの買取をしている店舗もあるので、教材を売りたい方は要チェックです。

ただし、義務教育で使用される学校の教科書などを扱っている店舗はほとんど無いので、間違って送らないようにしましょう。

書き込みアリの物は買取に出せる?

参考書や専門書は勉強に使う教材なので、直接メモを書いたり、アンダーラインを引いて使用していた人も多いかと思います。

書き込みなしの美品状態の物の方が高額査定を狙いやすいですが、書き込みがあっても買取して貰うことは可能です。

また、予備校のテキストや医学書などの書き込みが、良質な内容だった場合、かえって高額査定になることもあります。

査定額を上げる為にわざわざ書き込みをする必要はありませんが、書き込みが良いように影響することもあるので、既に書き込んでしまった物を消さなくても問題ありません。

書き込みがあるからといってゴミとして処分してしまわずに、手元に残っている参考書・専門書などは一度査定に出してみることをおすすめします。

査定に出す前に店舗の買取情報をチェック!

参考書や専門書を買取に出す際は、まずは自分が売りたい本の付属品や書き込みの有無を確認するようにしましょう。

中には、付属品が欠けている物や書き込みがある物は買取対象外という店舗もあり、間違って送ってしまうと値段がつかなかったり送り返されてしまうこともあるので注意です。

査定に出す前に、自分の利用する店舗で買取NGの商品があるかをチェックしてから梱包すると安心です。

『雑誌の買取が可能なオススメのお店』で紹介されている、もったいない本舗は書き込みのある商品は買取対象外となっているので送らないように気を付けましょう。

Vaboo(バブー)では、多少の書き込みがある物でも査定して貰えるうえ、専門性が高い本の買取も強化しているので、参考書・専門書を売りたい方にはおすすめです。

ページの先頭へ