人気の参考書買取店を使ってお小遣いをゲット!

受験が終わった、学校を卒業したなど様々な理由で使わなくなった参考書は、買取に出してお小遣いに変えましょう。
参考書を高く売れる人気の買取店をリサーチしました。

いらなくなったらお小遣いに!参考書を買取ってもらう方法

書き込み・線引きもOK!できるだけ早く売ろう

授業や塾の補足、受験勉強などで活躍する参考書は、勉強が進むにつれて使わなくなり、いらなくなった参考書がどんどんと溜まってしまうものです。

そんな参考書の処分方法として今人気なのが、参考書の買取店です。

まとめて古紙回収や資源ゴミに出すのが一般的ですが、そんな参考書も買取店に売ることで、お小遣いに変えることが出来ます。

少しでも高く買取ってもらうためには、できるだけ綺麗な状態で査定をしてもらうのがコツです。

折れ、破れ、曲がり、日焼けなどは買取価格が下がってしまうので、少しでも良い状態で買取ってもらいましょう。

また、参考書は使っている間に書き込みをしたり、線を引いて使う場合もありますが、多少であれば買取できるというお店もあります。

絶版となっている参考書など人気の高い物は特に、書き込みがあっても買取ってもらえる事が多いので、諦めずに査定に出してみるのがおすすめです。

参考書を売る時は専門の買取店がお得!

買取られた参考書は、中古となって次の学生や学校・塾などの先生の手元に渡ります。

漫画や小説のように誰もが手にするものではないので、お店にとっては、買取られた書籍の中でも再販ルートが限られてしまうというデメリットがあります。

そのため、参考書を買取ってもらう時は、参考書の中古販売ルートをきちんと持っている専門の買取店を使うことが大切です。

一般的な書籍のルートしか持っていないお店に売ってしまうと、中古での販売が難しいため、安く買取られてしまう事があります。

その点、参考書専門の買取店であれば、中古での販売もスムーズに行えるので、「人気の参考書なのか」「中古の流通量はどうか」といった正しい市場価値をもとに、適正な値段で買取ってもらう事が可能です。

参考書を売りたい人に人気の高い買取店は?

  1. バリューブックス

    バリューブックス
    条件等
    参考書買取条件 ISBNがついているもの
    買取不可参考書 なし
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール なし
    送料・手数料 1箱500円
    査定期間目安 商品到着後、最短2営業日
    キャンセル対応 返送料無料

    バリューブックスの買取を利用するメリット

    • 参考書・専門書に強い買取店
    • タイトル・ISBNコードで事前査定が可能
    • 需要がある参考書なら書き込み、付属品の欠品でも買取OK
    • 査定が早いからすぐお小遣いにできる
    公式サイトを確認する
  2. ブックリバー

    ブックリバー
    条件等
    参考書買取条件 ISBNがついているもの、事前査定額2,000円以上
    買取不可参考書 なし
    買取受付冊数 事前査定額以上なら1冊でも可
    配送用ダンボール 自己購入(買取成立時、購入代を返金)
    送料・手数料 事前査定額2,000円以上で無料
    査定期間目安 商品到着後、24時間以内
    キャンセル対応 返送料お客様負担

    ブックリバーの買取を利用するメリット

    • 人気の本は定価の3~6割で買取
    • 1冊ずつ明細が出るから安心
    • 査定・支払いがスピーディー
    • 市販品ならどんな参考書でもOK
    公式サイトを確認する
  3. 学参プラザ

    学参プラザ
    条件等
    参考書買取条件 バーコードがついているもの
    買取不可参考書 書き込みのあるもの
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール 無料(10箱まで)
    送料・手数料 20点以上で送料無料
    査定期間目安 商品到着後、48時間以内
    キャンセル対応 返送料お客様負担

    学参プラザの買取を利用するメリット

    • 参考書、問題集、テキストの専門買取店
    • 予備校テキストも買取可能
    • 選べる配送方法は3種類
    • 梱包用段ボールを無料提供
    公式サイトを確認する
  4. テキストポン

    テキストポン
    条件等
    参考書買取条件 大学・専門学校等の参考書のみ
    買取不可参考書 高校・中学・小学校の参考書、指定タイトル
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール なし
    送料・手数料 10点以上で送料無料
    査定期間目安 商品到着後、7日以内
    キャンセル対応 返送料お客様負担

    テキストポンの買取を利用するメリット

    • 参考書、専門書、教科書の買取が得意
    • 書き込み、マーカー線も査定可能
    • 会員登録不要ですぐ申し込み
    • 送料無料条件のハードルが低い
    公式サイトを確認する
  5. 専門書アカデミー

    専門書アカデミー
    条件等
    参考書買取条件 大学受験用、大学・専門学校等の参考書
    買取不可参考書 発売後10年以上経過しているもの
    買取受付冊数 1冊以上から
    配送用ダンボール 無料(10箱まで)
    送料・手数料 5点以上で送料無料
    査定期間目安 商品到着後、7~10日以内
    キャンセル対応 返送料お客様負担

    専門書アカデミーの買取を利用するメリット

    • 書き込み、汚れも査定対象
    • 主要3社の配送業者ならどこでも使える
    • e-GIFT代金受け取りなら3%アップ
    • 2,000冊以上の買取価格保証あり
    公式サイトを確認する

買取可能な参考書にはどんなものがある?

高校・大学受験関連の市販の参考書

参考書といって真っ先にイメージするのは、本屋などで売っている、高校受験や大学受験に使用される市販の参考書かと思います。

もちろん市販の参考書も買取対象になっており、高校受験・大学受験どちらの内容の本でも買取可能な所が多いです。

また、問題集を取り扱っている所もあるため、参考書と一緒に査定に出すのも有効でしょう。

ただし、問題集の場合、ほとんどのページに答えが書き込んであるものだと買取不可になる可能性が高いので注意です。

参考書や問題集だけでなく、受験や勉強に関連する教材・書籍なら買取対象になっていることが多いので、不要なものはまとめて査定に出すと良いでしょう。

大学入試に使う赤本・青本

学校や学部別に過去の入試問題がまとめてある赤本や青本は、受験生の勉強には必須のアイテムとも言えます。

特に、人気の高い学校や学部の赤本・青本ほど需要が高い傾向があり、高価買取が狙いやすくなっています。

中でも、医学部の赤本・青本は定価が高いこともあって、中古でも800円以上の値段を付けて買取してもらえるケースは少なくありません。

医学部以外の赤本でも、出版から1、2年以内のものなら400円以上の査定額が期待できるでしょう。

基本的には新しい年度のものほど高値が付きやすいので、もう使用する予定のない赤本・青本は早めに査定に出すのが懸命です。

大学の教科書・参考書

小学校や中学、高校で使われている教科書は、流通量が非常に多いうえに、内容の改訂が行われるので、中古での価値はほとんどありません。

小・中・高の教科書を買取してくれる業者を探すのが難しい一方で、大学の講義で使用する教科書や参考書は買取市場でも高い価値を持っています。

大学の教科書はいわゆる専門書にあたるため、その分野を勉強している人にとっては十分に需要があるのです。

また、専門書は定価が高めなこともあって、中古でも高額査定になる傾向があります。

医学、薬学、物理、化学、社会、アートなど、分野問わずに査定額には期待が持てるので、不要な大学テキストがあれば査定に出しましょう。

有名学習塾や予備校の教材

買取できる店舗は限られますが、参考書を扱っている買取店の中には、予備校のテキストを買取している所もあります。

駿台、河合塾、代ゼミ、東進、Z会などの教材なら値段を付けて買い取ってもらえる他、書き込みがあっても買取OKなので、以前予備校に通っていた方は、不要になった教材を買取で処分するのも手です。

また、テキスト以外にも、付属のノートやプリント、CDなどがある場合は、テキストと一緒に査定に出すことで買取価格がアップする可能性があります。

予備校テキストは、解答がなくても買取対象になりますが、解答や小冊子といった付属品は査定額に大きく影響するため、できるだけ揃った状態で査定に出すのが望ましいです。

参考書を買取に出す前にチェック!

付属品のない参考書でも買取はできる?

小冊子やCD・DVDが付属している参考書を売る場合は、購入時に付いてきたものは全て揃えた状態で査定に出すのが通常です。

付属品が欠けていると買取不可になるケースが多いため、手元にある方は忘れずに参考書と一緒に査定に出すようにしてください。

中には、既に付属品を失くしてしまった方もいるかと思いますが、店舗によっては付属品が欠けている参考書でも買取してくれる場合があります。

付属品のない参考書でも買取できるかどうかは、買取店のHPの取扱い商品の説明に記載されていることが多いのでチェックしてみてください。

付属品がない分、減額されてしまうものの、買取OKのお店もあるので、諦めて処分してしまわずに、査定に出してみると良いでしょう。

参考書に書き込みがあると減額される?

参考書は、アンダーラインを引いたり、メモ書きをして勉強に使うものなので、多少の書き込みならそれ程の減額には繋がらない場合が多いです。

もちろん綺麗な状態の参考書の方が高値は付きやすいですが、参考書を扱っている買取店なら書き込みがあっても買取可能な場合が多いので、そこまで気にする必要は無いでしょう。

ただし、全ページにわたって書き込みされているものや、書き込みのせいで本文が読めなくなってしまっている物は買取不可になる可能性があるので注意してください。

参考書の価値にもよりますが、全体の3割程度の量の書き込みなら買取OKになるケースが多いので、書き込み済みの参考書でも一度は査定に出してみましょう。

古い参考書だからといって売れないわけではない

市販の参考書の場合、数年前に発売されたものより、最近出版された書籍の方が内容も新しいため需要が高いのは確かです。

しかし、古い参考書だからといって需要が無いわけではなく、人気大学の赤本や問題集だと、むしろ古い物の方が高値が付く場合もあります。

また、絶版した参考書の人気も高く、高価買取が狙いやすくなっているので要チェックです。

1980・1990年代の赤本・青本や、絶版の参考書・問題集の中には、1万円以上の買取価格が付いているものもあるため、手元に残っている方は積極的に買取に出すのがオススメです。

入試の傾向が変わったり、問題内容が改正されてしまうと、古い参考書の価値が下がることもありますが、思わぬ値段が付く可能性もあるので、試しに査定に出してみると良いでしょう。

参考書を買取に出す時に気をつけたいポイント

ブックオフで高価買取は狙えない

古本屋の中でもかなり知名度の高い全国チェーン店・ブックオフ。

扱っているジャンルの幅は非常に広く、専門書や参考書なども買取対象商品に含まれます。

参考書を買取に出すとなったら、ブックオフのような古本屋に持ち込む方も多いと思いますが、高額査定を狙うなら実店舗を構えている買取店の利用はあまりオススメできません。

参考書や専門書は、小説や漫画と比べて万人向けの書籍では無いため、売れ残るリスクが高いです。

さらに、お店のある地域の学生などに購入者が限られるため、売れなかった時のことも考えて勉強や受験に関する書籍は安値を付けられてしまう傾向があります。

参考書や教材を高値で売りたいなら、実店舗を利用するよりも、買い取った本を全国に再販できるネットの買取店を利用するのが良いでしょう。

ネットの買取店の中には、参考書や専門書の買取に特化したお店もあるので、本に見合った価値を付けてもらいやすいというメリットもあります。

貼ってある付箋は査定前に剥がす

勉強をする時に、参考書やテキストに付箋を貼って使用している人もいるかと思います。

どうせ手放すものだからと、付箋を貼りっぱなしで参考書を買取に出す方もいますが、査定前には付箋を剥がしておくのがオススメです。

買い取った参考書を再販する時は、査定士の方が付箋を全て取り除くことになるため、余計な手間がかかります。

付箋が貼ってあることで大きな減額に繋がることは無いものの、何も貼っていない綺麗な状態で出した方が査定時の印象は良いです。

使い終わった参考書の付箋は全て剥がし、挟んであるメモやプリントなども取り除いてから査定に出すように心掛けましょう。

まとめて査定に出した方が高価買取になる

参考書を売る時は、1冊ずつ小出しに売るよりも、まとめて数冊を査定に出した方が買取価格が上がりやすくなります。

参考書を1冊だけ査定に出されるよりも、まとめて多くの本を送ってくれた方が、査定の手間が省ける他、送料などの節約になるため店舗側にとってはありがたいのです。

多くの参考書を買取に出した場合は、全体の買取金額が通常より高くなる可能性があるので、不要なことが分かっている教材はまとめて買取に出した方がお得と言えます。

1冊では値段が付かないような教材でも、まとめて売ることで値段を付けて買い取ってもらえることは少なくありません。

参考書や赤本、テキスト、専門書など、ジャンルにこだわらずに、いらないものは一緒に査定に出しましょう。

使う予定がないなら早めに査定へ!

市販の参考書や赤本・青本、専門書など、書籍の種類問わずに、今後使用する予定がないものなら早めに査定に出すに越したことはありません。

希少価値のある一部の商品なら、古くても高値で買取してもらえるケースがあるものの、時間が経つにつれて教材の査定額は下がるのが通常です。

教材の内容が完全に改訂されてしまったり、受験の範囲から外されてしまうようなことがあれば、一気に教材の価値は低くなってしまいます。

発行されてから年数が経っていない参考書の方が学生からの需要も高く、買取価格も上がるため、「できるだけ高値で手放したい」という方は早めに査定を受けるようにしてください。

前年度の赤本や、発売から日の浅い参考書なら、買取価格が保証されていることもあるため、いらない参考書はすぐに売るのが高価買取への第一歩と言えるでしょう。

古本ジャンル別買取方法&おすすめの買取店は?

雑誌買取で損をしないための買取店の選び方

雑誌

いらなくなった雑誌は買取ってもらうことができますが、雑誌のジャンルによってどの買取店を使うのが良いかが変わります。売れる雑誌のジャンルや注意点を知って、損をしない買取店選びを行いましょう。

(Updated /Created )

専門書が高く売れる評判の良い買取店はどこ?

専門書

各分野の詳しい知識が得られる専門書は、特に買取価格が高くなりやすいジャンルです。気持ち良く取引するために、価格・サービス・対応などの評判が高い買取店はどこなのか調査してみました。

(Updated /Created )

人気の参考書買取店を使ってお小遣いをゲット!

参考書

参考書は次の受験生や学修生が再度使用できる教科書ですので、過去のものでも需要があります。また、書き込みがあっても売れる本もあるので、処分をするなら参考書が高く売れる人気の買取店を利用してみてはいかがでしょうか。

(Updated /Created )

ページの先頭へ